Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

レトリックのすすめ 野内 良三 感想

レトリックのすすめ

レトリックのすすめ

レトリックとは文章に彩りを与える技法である。 しかし、それがどういう技法なのか、それがどのような影響を与えるのか知りたくなったのでこの「レトリックのすすめ」を購入した。

レトリックには2つの意味があり、それはうまく話す技術とうまく書く技術である。 前者は弁論術雄弁術で後者は修辞学とそれぞれ訳語が当てられている。 本書はレトリックを説得術とし、文章の説得力を増すための強力な手段であると位置づけている。

著者は文章の目的を「人を説得するために書くもの/書かれたもの」としている。 人を説得するためには「いかに」書いたらいいのか、言葉にどのような工夫をもたらせばよいのか問題になってくる。 そこでレトリックが必要になってくる。

本書ではレトリックの原理を12に分類している。 それは以下の通りである。
01誇張する
02喩える
03対照する
04ほのめかす
05ぼかす
06くり返す
07追加する
08省略する
09移動する
10呼びかける
11驚かす
12引用する

著者はこの12の原理の中でも1の「誇張する」と11の「驚かす」がレトリックの本質だという。 また、これらの12の原理は単独で働くだけではなく、協働することもあるという。 例として「喩える」と「誇張する」が協働している隠喩や直喩がある。

本書ではこれらの12の原理を三島由紀夫などの名文と共に学んでいくことになる。 名文と共にレトリックを学んでいくのも面白いが、本書で一番面白いのは名文を書いた作者への著者の解説だろう。 例えば三島由紀夫について著者は日本の文学者としては論理的な考え方・書き方をすると評し、三島の書く文章をバタ臭い翻訳調だとしている。 また、鴨長明の方上記を学者や批評家には受けが悪い作品であるが、華麗なレトリック、流麗な音調、畳み込むような歯切れのよい短文が極上であるとし、全文読むことをおすすめしている。 他には森鴎外など読んでいて面白い解説が多々ある。 本書はレトリックを学ぶ面白さだけではなく、著者の解説も楽しめるよい本だ。

ソニー SBH82D ながら聞きイヤホン レビュー

f:id:slowvarioustopics1:20190610142242j:plain

最初に

ながら聞きイヤホン用にアップルのイヤホンの形状を真似た中華製のネックバンド型イヤホンを使っていたが、品質が悪いために断線が二回もあった。 そこでソニーからネックバンド型のながら聞きイヤホンのSBH82Dが発売されたのでレビューしたいと思う。

対応コーデックははSBCとiOSのみAACで音質は普通で音の遅延はある

接続方法はSBCとiOSのみAACで音質は思っていたよりも悪くない。 そこら辺の中華製ネックバンド型のインナーイヤホンより音質はいいだろう。 ながら聞きイヤホンということなので、ラジオやBGMを聞いていても外の音が聞こえるのは嬉しい。 動画再生はPCもiPhone両方音が遅れて聞こえてくる。 有線接続が出来ないので音の遅延に関しては諦めたほうがいいだろう。

充電方法はUSB-C

充電方法はUSB-Cで行う。 f:id:slowvarioustopics1:20190610142249j:plain 付属品でケーブルが付いてくるがケーブルが短い。 f:id:slowvarioustopics1:20190610142252j:plain USB-Cは普及してきたとはいえ、まだ対応するケーブルを持っている人は少ないと思うのでもう少し長めのものが欲しかった。

イヤホン部分の耐久性に注意!持ち運ぶときはハードケースが必要!

イヤホンの耐久性だが有線タイプのSTH40DJPでくの字部分が折れやすいという報告が上がっている。 f:id:slowvarioustopics1:20190610142245j:plain 材質や形状は変化していないので取り扱うときは注意が必要だ。 持ち運ぶときはこういうハードケースに入れたほうがいいだろう。

まとめ

ながら聞きイヤホンとしては最高
音の遅延はある
耐久性に難ありなので持ち運ぶときはハードケースが必須

国語教師が知っておきたい日本語文法 山田 敏弘 感想

国語教師が知っておきたい日本語文法

国語教師が知っておきたい日本語文法

24週間日本語文法ツアーと基礎日本語文法を読んだが、次は中学校で学んだような、いわゆる学校文法をもう一度学び直したいと思ったので、この「国語教師が知っておきたい日本語文法」を購入した。 24週間日本語文法ツアーと基礎日本語文法の感想記事はこちら

slowsvarioustopics1.hatenablog.com

本書の内容は学校文法を扱いながら、学校文法を学んでいく過程で生まれる疑問点にも言及している。 例えば、品詞の項目で「品詞分類ってなぜ必要なの?」というものがある。 本書ではこの疑問点について品詞分解には2つの目的があるという。 1つは日本語という言語構造を考えることであり、品詞を考えることで古典や外国語との対照で日本語を眺める場合に役立つという。 2つ目は文法現象を説明しやすくするために、語のグループ化をすることだという。 品詞分類を使うと「違う」は動詞なので否定の形は「ちがくない」ではなく、「ちがわない」であるとか、「病気」は名詞だから「病気な人」とは言わないなどが容易に説明できるという。 他には助動詞での「受け身・尊敬・可能はどうして同じ形なの?」や「食べないと赤くないのないは違うの?」といった文法を考える上で疑問を持つ点について説明されている。

学校文法を学び直したい人や国語の先生、外国語として日本語を学んでいる人にとってはおすすめの一冊だ。