Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 1.4 東京ドーム 第9試合 60分1本勝負ダブルメインイベントII IWGPヘビー級選手権試合感想

最初に

新年明けましておめでとうございます。 1.4も終わり本当の意味で年が明けたように感じる。 私の中でまだこの試合は十分に消化できていないが時間をかけてもしょうがないので感想記事を書いていこうと思う。

試合前感想

今年の1.4はこの試合が一番気になっていた。 それは棚橋とケニーのプロレスに対する考えやスタイルが全く違うからである。 棚橋はプロレスラーとしてテーマや物語、人間的な部分を見せることを重視し、プロレスのスタイルは現在となってはクラシカルな試合運びをするプロレスラーである。 ケニーとのイデオロギー闘争も以前から言っていた発言から伏線を回収した形になった。 一方、ケニーは身体能力が高くエクストリームな試合をし、誰とでも良試合を連発するというまさにベストバウトマシーンといってもいいプロレスラーだ。 棚橋との記者会見ではベビーやヒール、レスラーとしての在り方を否定している。 そんな二人だが欠点も対局にある。 棚橋は昨年の1.4ではコンディションが悪くジェイ・ホワイトとの試合では素人目に見てもコンディションの悪さが出ており、その後の鈴木みのる戦で欠場した過去がある。 ケニーは物語という部分では今年のバレットクラブの内紛や飯伏とのタッグ再結成は想像していたよりも物語として昇華せず私としては置いてけぼりを食らった感じになった。 そんな全くスタイルの違う両者がプロとしてどう試合をするのかに興味があった。 普通のスポーツ競技であれば試合に勝利するには相手の嫌がることをしなければならない。 つまり相手への否定になる。 しかし、プロレスの面白いところは技を受け、ある程度は相手の土俵に立つ必要がある。 つまり相手への肯定が絶対に必要になる。 プロとしてどう試合をするのかと書いたのはお互いがイデオロギーの違う相手の土俵にどれだけ立つのかということであり、それがどうしても気になっていた。 そして、棚橋は新日本プロレス公式のインタビュー記事でケニーの土俵で戦うと公表した。 ケニーは大晦日の調印式で髪色が金髪ではなくグレーになっていたときにあれだけベビーやヒールを古いものと否定していたケニーがもしかしたら1.4ではヒールとして棚橋に立ちはだかるのではないかと思い、非常に楽しみに感じた。

試合感想

試合内容はやはりどちらも相手のスタイルに部分的に合わせてきた。 ケニーは普段はやらないであろう首絞めや相手を壊すような連続パワーボムなどヒール的なことを、棚橋は机に向かっての場外ハイフライフローをした。 棚橋は机に向かっての場外ハイフライフローはイデオロギーの境目をぼやかし、ただ叩き潰すのではなく試合後に救いを見出すためと言ったが、ケニーも同じ気持ちだったのかもしれない。 これはスタイルが違う両者がお互いを肯定した結果なのだろうと思う。

イデオロギー闘争

棚橋とケニーの試合はプロレスとは何か?ということを考えさせる良い機会になった。 しかし、棚橋とケニーの両者のスタイルの優劣を比較する方向に一部の人がなってしまったのは残念だったかなと思う。 また、イデオロギー闘争ということなのでリング外の言葉の部分が非常に重要となったが棚橋はポッドキャストやラジオ、インタビューで意見を十分に聞けたが、ケニーは棚橋と比べて試合数が少なかったのでインタビューが出始めたのが本当に年末に近づいてからになっていた。また、棚橋が2018年後半にかけてオカダとのタッグを組んだことも影響してケニーがあまり話題の中心になっていなかったのと10.8の3way戦の試合の出来の不味さが問題になったと感じる。 そのせいかいケニーを批判する声が出ていたが、結局この戦いはきのこたけのこ戦争みたいなものだと感じる。 たけのこの里は棚橋で日本ではこちらのほうが人気がある。しかし、アメリカではきのこの山のほうが人気でたけのこの里は一部の日系スーパーでしか売られていないらしい。 しかし、両方を食べてみればどちらも美味しいのである。 つまり、棚橋のプロレスもケニーのプロレスもどちらも見ていて面白い。 だけれども今回のイデオロギー闘争は試合中はお互いが肯定しても結局は否定で終わる。 それは新日本プロレスの未来の舵を握るものだったからだ。 そしてケニーは新日本プロレスを去るだろうと東スポの記事で発言している。 もし今後ケニーが新日本プロレスに続けて試合をするならケニーのスタイルも新日本で肯定されるチャンスがあったかもしれない。 しかし、契約関係とか色々あるかもしれないがこれで去ってしまうなら結果だけを見ればスタイルの合わないケニーが去ってしまったように見えて少し後味が悪いものになってしまった。 また、このイデオロギー闘争は海外に波及したのだろうか? 以前から棚橋は日本のスタイルそのままに海外興行したいと言っていたが海外のファンはこのイデオロギー闘争をどう感じたのだろうか? 私の観測範囲内ではイデオロギー闘争に関して言及している人が少なかったように感じる。 これは新日本プロレスのプロモーションが足りなかったのではないだろうか? しかし、前向きに捉えればまだまだ改善出来る点があるということは喜ばしいことでもある。

最後に

いろいろあったが年末のRIZINを見てプロレスラーがプロレスを、しかもお互いのプロレス観をぶつけたということは素晴らしいことなのではないかと思う。 今思えば昨年のケニーのプロレスには戦いを感じられなかったように思う。 これはバレットクラブの内紛で仲間内との試合が多く、特に顕著なのが2018年の10.8の3way戦だろう。 そんなケニーをイデオロギー闘争というテーマで戦いの場に引きずり出した棚橋は流石だと感じた。 プロレスは色々な意味で使われるがプロレスだからこそ戦いをリングの上で見せることが重要なのかもしれない。 そういう意味ではプロレスとは何かということを考えさせられた試合だった。 来年は東京ドームで二日間連続興行になるらしいが、これでタッグで多かった3wayマッチが解消されればいいと思う。特に今年のジュニアのタッグマッチは3wayで7分も試合をしていなかったので誰が何をしたかというのがあまり記憶に残っていなかった。 二日間あればこういった選手を無理やり詰め込んだ試合もなくなるだろう。 1.5が終わってからはKUSHIDAの退団や飯塚の引退、ケニーの進退など悲しい出来事やもやもやさせることもあったが、今年は楽しい出来事もたくさんある。 国外に目を向ければ新日本プロレスと業務提携するかは分からないがAEWが発足し、CIMAやPACと協力関係を結んでいるのは大変興味深い。 また、国内に目を向ければジャイアント馬場追善興行があり、そこで棚橋と全日の宮原、大日の関本が向かい合うかもしれないと思うと楽しみでしょうがない。 2019年は新日本プロレスにとって難しい年になるのかもしれないが、ファンとしては色々な新しい動きが見られそうなので今年もプロレスを楽しんでいきたい。

ブログランキング参加しています。 よろしければクリックお願いいたします。
プロレスランキング

全日本プロレス 2018 旗揚げ記念シリーズ [最終戦] 10.21 神奈川・横浜文化体育館 試合感想

最初に

全日本プロレスの感想を書いていこうと思う。 試合から一ヶ月過ぎてしまったが自分の中で引っかかるものがあったのでアーカイブ的に残そうと思う。

なぜ全日本プロレスの試合を見ようと思ったか?

全日本プロレスは今年のチャンピオンカーニバルはちょこちょこ見ていたのだが、その後は継続して視聴はしていなかった。 これは全日本プロレスが面白くなかったと言うよりは私の可処分時間が少なかったからだ。 現在、私は新日本プロレスを継続して視聴しているが新日を追いかけるだけでもしんどく、他にも趣味やするべきことがたくさんあり、なかなか他の団体を見る時間が出来ない。 よく新日本プロレスファンは他の団体を見ないと言うが、学生でもない限り他団体を見る時間を増やすのは負担も大きく難しいだろう。

じゃあなぜ見ようと思ったのか?

なぜ全日本プロレスを今回見ようと思ったのかというと単純にポスターがかっこいいのとTAJIRIのツイートからだ。 ポスターを見れば分かるが黒と赤を背景に両者が仁王立ちをしているというシンプルな構図になっている。

私の中途半端な知識で申し訳ないがプロレスのポスターというのは出場選手が多数掲載していて、少しごちゃごちゃした物が多いイメージだ。 しかし、このポスターはシンプルでかっこいいものとなっており、キャッチフレーズも王者か、覇者か、という気になるものになっている。 大体こういう気合の入ったポスターを作るということは試合も面白いものになると相場が決まっているのでこれが見ようと思った1つ目の理由だ。 二つ目はTAJIRIのツイートだ。

このTAJIRIの力評を見てこれはもしかしたら面白い試合になるんじゃないかと思った。 私は力という選手は残念ながらあまり詳しくないのだが、力道山の孫で性格は良くも悪くも純真無垢でまっすぐ、技はチョップしか出せないというイメージがある。 そんな力がTAJIRIGAORA TV王座に挑戦するために履歴書を送るという礼儀正しいけど風変わりな力らしい方法で挑戦表明をした。

このアイデアは力本人のものかそれとも他の人の助言によるものなのか私の少ない知識では分からないが私は力のキャラクターのイメージ通りで面白く感じた。 このあとどうしても気になってしまいTAJIRI百田家家庭訪問面接という全日本プロレスTVの動画を見ることにした。 動画の内容はTAJIRIが百田家に家庭訪問して力を面接するという動画なのだが父親の百田光雄が心配そうに眺めたり、面接で子供の頃の力少年にどう話しかけるかという質問に対しての力の答えなど見どころがたくさんある。 これを見てしまうとやはり前哨戦からしっかり試合を見ておかなければという気分になってしまう。 前哨戦を実際に見てみるとTAJIRIウルティモ・ドラゴン、KAMIKAZE、渕正信西村修という選手がいる中で私は力以外目に入らなくなってしまった。 何故かと言うと渕正信のアピール中に力が暴走しTAJIRIに突っかかったからである。 あまり他の選手のアピール中にそういうことをする選手は見たことがなく、それ以降はずっと力の行動を目に追っていた。

このツイートどおり前哨戦をしたくなかったと書いてあったが前哨戦なしではもしかしたら私は今回のGAORA TV王座戦を観戦しなかったかもしれないので縁というのは不思議なものだ。

GAORA TVチャンピオンシップ【第16代王者】TAJIRI VS 【挑戦者】力

ここまで力について書いてきたが実際の試合の感想を書いていこうと思う。 試合前にTAJIRIは力対策に毒霧を吹かずに右腕を壊すと発言したが本当なのかどうか分からない

そもそも前哨戦はしたが上記のような感じだったのでどんな試合になるかイメージさえ沸かなかった。 試合はTAJIRIが毒霧を吹かずに力の腕を壊しにかかる展開になった。 その腕の攻め方も力道山の孫に木村ロックという物語を感じるものになっていた。 感想としてはTAJIRIが相手だからというのもあるが伝え聞く噂と違ってプロレスの試合として面白いものになっており意外だった。 TAJIRIはそんな力のことをこう評価している。

確かに私もイメージしていた不器用な力とは違い、ある種の器用さを感じる。 解説では力のことをブサイクな試合だが応援したくなるという評価をしていたが、これは力の一面しか見ていないように思う。 確かに力の動きはロボットみたいで持っている技も少ないが観客の心を掴むという部分では上手い部類に入るのではないかと感じる。 力はこの試合二回チョップを鉄柱にぶつけて観客を盛り上げた。 これは力の定番ムーブなのかどうか私には分からないし、TAJIRIのサポートもあったが観客が今何を求めているのかツボが分かっててやっているのではないかと推測する。 このシーンだけを見てもただの純真無垢で愚直なだけのレスラーではないと考えを改める必要が私の中で生まれた。 入江茂弘との対戦動画を見ても普通に盛り上がっていたのでもしかしたら思ってる以上に良い選手なのかもしれない。 (あまりガンバレ☆プロレスに詳しくないが客層がこういう選手を応援したくなるからかもしれない。)

三冠ヘビー級選手権試合【第61代王者】ゼウス VS 【挑戦者】第6回王道トーナメント優勝者 宮原健斗

ここまで力について長々と書いてきたが本当に見たかったのはこの試合である。 見たい理由でも書いたようにシンプルでポスターがかっこいいのが観戦理由の一つだ。 宮原を初めてみたのは全日本プロレス 8.27両国大会 直前公開会見の動画だったと思う。

このときは小島が全日本プロレス諏訪魔と対戦するので会見を見ておくかという気持ちだった。 会見動画を見てもらえれば分かるが記者会見の最後に諏訪魔が暴れて終わる。 これを見た時に私は未だにこんなのやるんだと古臭く感じてしまった。 肝心の試合も試合前にジョー・ドーリングが諏訪魔に襲撃し、やりきれない感じに終わってしまった。 一方、会見で宮原を見たとき華のある選手が出てきたなと思った。 その後の石川との試合も見ごたえがあり、おもしろかった記憶がある。 じゃあ今回の試合は?というとこれも面白いものになっていた。 宮原は新日本プロレスの棚橋に似ていると言われているが宮原の持っている明るさやプロモーションの部分は似ているかなと思うが試合のスタイルは全く違う。 宮原を見ていて思うのだが全日本プロレスの他の選手と比べるとスピーディな戦いをするように感じる。 これは全日本プロレスには体の大きい選手が多いのでスピードで撹乱するためなのかもしれないし、それが全日本プロレスの中で宮原を大いに目立たせる。 ゼウスもパワー型の見た目をしていながらトペコンヒーロをしたり、宮原とのエプロンでの攻防も良かった。 試合が終わると館内は全日本コールが響き、宮原はゼウスに「一緒に全日本プロレス盛り上げましょう」と言い、握手をした。 この光景を見ると少年漫画のような熱いシーンで全日本プロレスの転機の一つを見ているような感じがして満足度の高い試合になった。

全日本プロレス頑張ってほしい

個人的には全日本プロレスには頑張って欲しいと思う。 現在国内団体で二位のDDT男色ディーノのドキュメンタリー動画でも言っていたようにパイの食い合わない方向で戦っていくと言っていた。

それもプロレスというジャンルを盛り上げるという意味では面白いし、現実でも高級寿司店や回転寿司店、スローファッションやファストファッションとジャンルは同じでもパイの奪い合わないものはたくさんある。 しかし、それでは新日本プロレスのライバルが国内で存在しないことになる。 AMDインテルの例に出すとインテルはCPU市場で一社独占状態であったがAMDRyzenを発表した後に市場が活性化し、インテルも性能をアップしたCPUを出し、競争が激化している。 この例をプロレスに当てはめるのは違うかもしれないが競争で市場が活性化するのは見ているこちら側としてはメリットが大きいだろう。

全日本プロレスに求めること

全日本プロレスを見ていてもったいないというところはYouTubeの動画関係のコンテンツが少ないことだ。 全日本プロレスTVにある宮原の歴史を綴った全日本プロレスアーカイブス サイコー宣言#1 ~宮原健斗特集~があるのだが加入者以外見ることができない。 これは権利関係のため仕方ないのかもしれないがある程度宮原のことを知っている加入者よりもまだ加入していない層にむけたほうがよいのではないか? 昨今のエンターテイメント事情は面白そうだから買うというよりも面白かったから買う、サブスクリプションに加入するという流れになっている。 ゲームや音楽でも無料で見て聞いて内容を知ってから購入したり、サブスクリプションに加入する流れができている。 これは逆に言えば知ってもらわないと誰もお金を出さないことになる。 昔ならジャケ買いで音楽やゲームを購入していたが今の時代は動画やレビューで内容を知ってから購入することになる。要は消費者は失敗したくないのである。 新日本プロレスDDTはAbema TVやYouTubeで無料で過去の試合や生放送をしており、知ってもらう機会はたくさんある。 一方、全日本プロレスYouTube動画は会見やダイジェストは充実しているがまだまだコンテンツが少なく感じる。 もっと今回の宮原の動画や過去の試合そのものの動画を期間限定でもいいので投稿したほうがより知ってもらう機会が増えるのではないか?

最後に

今回の興行は非常に満足度の高いものになった。 宮原とゼウスの戦いはもちろんTAJIRIと力の試合も面白かった。 この2つの試合の共通点はワクワク感だと思う。 TAJIRIと力の試合は前哨戦の感じから一体シングルはどんなふうになってしまうんだろうかとTAJRIIのツイートを見ながら妄想させた。 宮原とゼウスはポスターの出来と試合後の握手でワクワクさせてもらった。 プロレスは始まる前のこれどうなっちゃうんだろうというワクワクや終わった後に今後どうなるんだろうというワクワクっていうのが大事なんだと改めて感じた。 今やっている世界最強タッグリーグも面白いのでこれからは全日本プロレスを視聴し続けようと思う。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

プロレスランキング

11.3 新日本プロレス 九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~ 感想③

最初に

九州三国志 presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018~の感想の続きを書いていこうと思う。
以前の記事はこちら

slowsvarioustopics1.hatenablog.com

第9試合 60分1本勝負 IWGPインターコンチネンタル選手権試合

予想クリスジェリコ 勝者クリス・ジェリコ
クリス・ジェリコは内藤やEVILに奇襲をしているので、この試合はどうやってそれに対処するのか興味があったが、この試合ではEVILが逆に奇襲を仕掛ける形になった。
毎回同じようにクリスジェリコが先に暴れるのは芸がないのでそこは良かったんじゃないかと思う。
この試合を見ているとクリス・ジェリコのコンディションの良さとアピールの上手さが見えてくる。
クリス・ジェリコは47歳でありながら飛距離のあるライオンサルトや変速ロープワークに対応したコードブレイカーを見せてくれた。
また、新日本プロレスのマークの入ったテーブルカバーで鼻をかむという分かりやすいアピールでヒールを演じてくれるところも良い。
EVILは堂々とした戦いをこの試合でしていたが、それだけじゃなくてもうそろそろ結果が欲しくなる。

最後に

今回の興行は期待していたオカダの裏切り者が誰かというサプライズはなかったのでそこを不満に感じる人もいると思う。
次のシリーズはワールドタッグリーグなのでヘビー級の参戦選手以外が裏切るのだろうか?

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


プロレスランキング