Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

9.23 新日本プロレス DESTRUCTION in KOBE 試合感想

最初に

簡単に9.23のメインの試合の感想を簡単に書いていこうと思う。

棚橋弘至vsオカダカズチカ

この試合はオカダがヒールとして試合をリードしていたように感じる。
オカダは棚橋の膝を足4の字固めで苦しめ、コーナーポストで危険技を狙おうとし、試合を大いに盛り上げてくれたように思える。
棚橋も今できる動きで試合をし、追走式というべきなのか新しいハイフライフローを見せてくれた。
試合はこの二人なので鉄板で面白かったが色々とアクシデントがあり、余韻に浸れなかった。
一つはテロップのアクシデントである。 試合開始数分後になぜか棚橋防衛のテロップが出てしまい、せっかくの棚橋の勝利を残念なものにしてしまった。
おそらくアクシデントがあった時のためにオカダの挑戦権利証奪取のテロップも用意されていたと思うが、プロレスは他のスポーツと違って勝敗の部分にもっともセンシティブにならなければならないことなのでこのテロップの誤爆は残念だった。
二つ目はヨシハシの流血である。
これはもう完全なアクシデントでどうしようもないが、これほどまでに持ってないと運命というか神様っていないのだなと思ってしまったほどだ。
せっかく棚橋から求愛され、オカダとの不仲を演出し、ユニット再編か?という節目にこのアクシデントは非常に痛い。
その後ヨシハシは救急車で搬送されたらしいので早急な回復を願う。
このアクシデントで目を見張ったのはジェイの行動だ。
ジェイは流血したヨシハシに向かって椅子を投げリング外に放り出した後、ヨシハシの怪我の具合を確認してヨシハシの血を自分の顔に塗るというアドリブで自身のキャラクター性を強調した点はさすがだと言うべきだ。
その後外道がオカダを裏切ったがアドリブ説と既定路線説の2つがあるがG1でオカダとのコンビは解消したのでジェイ・ホワイト側に付くのは既定路線なのではないかと思う。

最後に

ヨシハシは今回のアクシデントが無ければオカダ側についたのか?それとも裏切ってジェイ側についたのか?今となっては分からないが今後ヨシハシはどうなってしまうのだろう?
会社としても今回の救出劇でヨシハシを盛り上げようと企画していたに違いないが、またチャンスを掴むことはあるのだろうか?

プロレスランキング

9.15 9.17 新日本プロレス DESTRUCTION 試合感想

最初に

今回の三試合を簡単に感想を書いておこうと思う。

ケニーオメガvs石井智宏

この試合で印象に残ったのはケニーの鉄柵超えダイビングフットスタンプだ。 プロレスはここまでやらなくてはいけないのかと思うと同時に石井相手だからこそこの技を出せたのかと感じた。 もしかしたらこれも一種の信頼関係なのかもしれない。 他に興味深かったのは石井の銃を突きつけるポーズの後の掟破りのVトリガーだ。 石井のようなキャラクターでこういう遊び心があると試合の面白さがぐっと増す。 しかし、この試合で気になる点が2つあった。 1つは試合が唐突に終わってしまったように感じてしまった。 これはフィニッシュに向けての積み重ねが足りなかったからだろうか? 2つ目はケニーの不明瞭なマイクである。 これはケニーが外国語である日本語を喋っていたのとその後のストーリーがまだ決まっていないからであろうと推測する。

後藤洋央紀vsタイチ

予想通りタイチがネバーのチャンピオンになった。 試合は鈴木軍の介入があり好き嫌いが別れそうだが、最近タイチはヒールでありながらも声援を受けているのでここで軌道修正をしたのではないかと考える。 タイチはネバーの防衛をジュニアの選手とすると言っているので楽しみだ。

内藤哲也vs鈴木みのる

終わってみればいまいち試合前も後もテーマが分かりにくいものになっていたと感じる。 試合内容はテーブルや掟破りのゴッチ式パイルドライバーで前回と変えてきた部分もあるが概ねほぼ一緒だったように感じた。 この試合は特にストーリーも無くただ単に組まれただけなのでメインとセミを入れ替えても良かったのではないかとこの試合後に感じた。

最後に

この三試合は個人的な期待値を超えたものにはならなかったように感じる。 特に内藤鈴木戦は試合時間も長かったので試合順を入れ替えて時間の短い試合にすれば面白いものになっていたのではないかと思う。

プロレスランキング

9.15 9.17 新日本プロレス DESTRUCTION 試合予想

最初に

久々にプロレス記事を書く。 実はG1の優勝決定戦の感想を書いていたのだが、書き終えた後でデータが消えてしまったので更新はしなかったので簡単な感想を書いておこうと思う。 今回のG1は棚橋が優勝するとは思っていなかったが、いざ優勝すると満足度と今後のオカダやケニーの試合の期待感でいっぱいになった。 更にペイジやヨシハシへの勧誘もあり、新しいユニットが出来るのではないかというワクワクもある。 おそらく、今年いっぱいは棚橋の動きが面白くなりそうなので注目したい。

ケニーオメガvs石井智宏

予想ケニーオメガ
予想としてはケニー・オメガが勝利するがこの試合は結果よりも内容が楽しみだ。 どちらもベストバウトマシーンや名勝負製造機と呼ばれ、G1での二人の試合はもちろん、ケニーは内藤戦、石井は後藤戦とその名に恥じない試合を繰り広げた。 個人的には石井がベルトを巻いても面白いと思うがケニーと棚橋が1.4で戦ってほしいので今回はケニーの勝利と予想する。

後藤洋央紀vsタイチ

予想タイチ
もうすでにSNSなどで舌戦が繰り広げられており、注目が集まっているこの試合だが個人的にはタイチを応援したい。 後藤はG1,の成績は悪かったがネバーでのエルガン戦やG1の石井戦は目を見張る物があった。 一方タイチはG1の出場は逃したが今年の内藤や棚橋とのシングルはいい評価を得られた用に思える。 また、タイチはSNSを上手に利用しており、この試合の注目度を集めている。 そんなタイチがネバーのチャンピオンになったら面白いことになるのではないかと思ってタイチ勝利の予想にした。

内藤哲也vs鈴木みのる

予想鈴木みのる
この試合は前回のICのリマッチのような感じになるがメインの試合でやるには注目度が足りないような気がする。 そもそも戦いのテーマが見えてこないので個人的には興味が薄い。 予想としては星を取り返す意味として鈴木みのるの勝利と予想する。
プロレスランキング