Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

G1 CLIMAX 29 優勝決定戦 感想

最初に

久しぶりにプロレスの試合の感想を書いていこうと思う。 忙しくてあまりまとまってないが、この試合の感想を感情移入をキーワードに書いていこうと思う。

感想

去年は棚橋と飯伏の試合だったが、今考えれば棚橋とケニーのイデオロギー闘争や外様・生え抜きの対立を感じさせ、どこか息が詰まるような試合だった。 しかし、今年は飯伏とジェイのいわゆるベビーとヒールの戦いで応援やブーイングを飛ばしやすい誰でも楽しめるプロレスだったように感じる。 この試合で印象に残ったのは飯伏のムーンサルトに入る前の間だ。 飯伏のプロレスはアスリート的で非常に面白いが飯伏自身のキャラクター性も相まって感情移入という点ではそれは難しかった。 しかし、あの間を通して飯伏の痛みが伝わってきて、グッと飯伏に感情移入し、飯伏を応援したいと思った。 一方でジェイはいい意味で感情移入できない 入場時はKENTA達を引き連れ、試合中はあえてリングから出てみたり、倒れ込んで技を受けなかったり、セコンドの外道を使い、マイクはあえて英語で話すので日本人には聞き取りにくいなどプロレスは面白いけれども感情移入という点では感情移入しにくい。 この感情移入できないという部分がもしかしたらヒールに大事なことかもしれない。 感情移入とは選手に自己を投影し同一化することである。 それならばベビーは自己であり、ヒールは他者なのだろう。 ベビーフェイスといえば棚橋だが、以前棚橋の試合で印象に残っているのがある。 それは関節技で苦しんでいる姿を見て泣いている女性ファンの姿だ。 これも棚橋の痛みを通して感情移入し、自己と同一化した結果だろう。 今回の飯伏のムーンサルト前の間も観客はあぁと祈りにも似たため息をついたが、これも飯伏と自己を同一化した結果なのかもしれない。 一方でジェイはヒールであり、他者であるから自己との同一化は不要である。 だからこそヒールとして観客と同化させる動きを見せないのだろう。

終わりに

今回のG1は毎年面白いが今年のG1はモクスリー、KENTAなど新しく新日に参戦した選手やランスやタイチなど新しい面が見えた選手がいて新鮮だった。 ファレが矢野みたいに便利屋扱いなのが少し不満だったが・・・ また、今回の優勝決定戦を見て、ベビーやヒールという概念は古いと言ったケニーが今のジェイ・ホワイトと試合をしたらどういう試合になるのだろうか、ケニーはどう感じるのか知りたかった気もする。 そして今回優勝した飯伏がどのようにプロレスを盛り上げていくのか楽しみだ。

全日本プロレス 5.20 SUPER POWER SERIES 三冠ヘビー級選手権試合 感想

感想

宮原健斗の令和初の防衛戦になった三冠ヘビー級選手権試合。 相手は石川修司チャンピオンカーニバルでは敗北した。 この防衛戦で宮原は東スポのネットニュースで石川殺しを完成したと宣言した。 石川殺しがどのタイミングで出るのかそこに注目して試合を見た。

www.tokyo-sports.co.jp

試合で気になったのは両選手の体の大きさだ。 最近ジュニアヘビー級の選手の試合を見ていたので体の大きな選手同士がぶつかりあうのを見て新鮮な気持ちになった。 そして、あまり全日本プロレスを追えていないので分からないのだが、宮原がアピールをするたびにブーイングが入るのに驚いた。 以前はこういうブーイングがなかったように思えるが、強いチャンピオンだともらってしまう運命なのだろうか? 試合を見ていて興味深かったのは石川の低空ドロップキックからのフットスタンプだ。 石川は低空ドロップキックで宮原を場外に出し、エプロンからフットスタンプをした。 単純な動作なのだが体が大きいとここまで映像に迫力が出るのかと感じた。 世界のトレンドでプロレスラーの体の大きさが昔ほど求められないようになったが、なぜプロレスラーは大きくならなくてはならなかったのか、これで理解できたかもしれない。 石川はエプロンでファイヤーサンダーなど苛烈な攻撃をするが、宮原のスピードは衰えない。 宮原のスピードも目を見張る物があるが、石川もあの巨体で動けるのだからすごい。 また、宮原を踏みつけているときのアピールもユニークで面白い。 試合途中、そろそろ石川殺しは出るのか興味津々だったが、カメラの角度のせいか少し分かりにくいものだった。 東スポの記事ではコブラクラッチの切り返しでブラックアウトを叩き込むのが石川殺しらしい。

www.tokyo-sports.co.jp

終盤、石川は持っているであろうすべての技を宮原に叩き込むが3カウントは取れない。 宮原のジャパニーズレッグロールも切り返しで丸め込むがそれでも倒せない。 そして、最後には宮原のシャットダウンスープレックスで敗れてしまった。 試合全体の感想としては体の大きな選手同士のぶつかり合いは見ていて迫力があり、面白い。そして、スピードもあるので試合が緩慢になりにくいので見ていて飽きない。

試合後のマイクトラブルも演出に変えてしまうのはさすが!

試合のクオリティでも驚いたのだが、一番心に残ったのはマイクトラブルを宮原が演出に変えてしまったことだ。 宮原は試合で勝利し、マイク締めを行ったが途中でマイクにトラブルが生じてしまい、声が聞こえなくなる。 普通の選手ならマイクを別の物に変えるなどするが、それでは変な間が出来てしまう。 しかし、宮原はそのまま地声で大会を締めてしまう。 宮原はバックステージインタビューでマイクトラブルをこのように語っている。

「俺は、プロレスの中で大事にしてることは、『プロレスはリアルだ』ってことだ。俺はいつもならマイクで締めたいところを、スイッチが切れた。なぜスイッチが切れたのか、それは俺にもわからない。ただ、スイッチが切れたマイクが目の前にあった。俺はそのボタン一つを押すことが出来た。これは簡単なことかもしれない。これは一つのたとえだ。切れてるマイクが目の前にある。それを俺はどうするかって。これがなんかプロレスの神様に言われてる気がした。『お前の全力見せてくれよ』って。ただ、マイクを使わないことが全力とは限らない。ただ、俺の嗅覚が今日はそう感じたから、地声で喋らせてもらった。プロレスはリアルファンタジーだ。今日思ったんだ。リアルなんだ」

私はむしろマイクトラブルが起こってよかったと思っている。 令和初の三冠王座戦を普通にマイクで締めるのはもったいない。 トラブルが起きて地声で大会を締めるからこそプレミアムな興行になっただろう。 残念ながら映像では宮原の声が少し聞こえにくかったが、後楽園に来ていた観戦客はいい思い出になったに違いない。 宮原はこのトラブルを神様からの試練と例えているが、もしかしたら神様からの贈り物だったのかもしれない。

ブログランキング参加しています。 よろしければクリックお願い致します。
プロレスランキング

新日本プロレス 4・6 G1 SUPERCARD マディソン・スクエア・ガーデン 試合感想4

最初に

前回の記事はこちら

slowsvarioustopics1.hatenablog.com

第10試合 IWGPヘビー級選手権試合

まず、驚いたのはジェイ・ホワイトブロック・レスナーと同じようにファンからブーイングがもらえたことだ。 しかも、面白いのはブロック・レスナージェイ・ホワイトではブーイングの質が違うことである。 ブロック・レスナーの場合はアメリカファンの様々な感情があるが、ジェイ・ホワイトに関してはヒールとしてブーイングをもらえている。これはヒールとしては成功だろう。 そんなジェイ・ホワイトに今のオカダが挑むことが本当に興味深い。 少し前の絶対王者時代のオカダは棚橋の防衛回数を超えることが既定路線になっていたので試合のクオリティは保っていたけどファンからの評価はあまり高くなかった。 その後、髪を赤くして風船を持って遊び心のあるスタイルに変更し、その後の1.4東京ドームで元のスタイルに戻しながらもテンプレートのマイクをやめた。 ケニー達の離脱も理由にあるが、そこからオカダへの期待が増し、ニュージャパンカップの優勝予想でも一位に挙げられた。その後、本当にSANADAを下して優勝した。 また、オカダはケイオスが本体と合流し、棚橋ともタッグを組んだことでほぼベビーフェイスになった。 したがって、この試合はベビーフェイスvsヒールということになる。 東京ドームの試合でも思ったがこういう昔ながらのベビーvsヒールという構図は盛り上がりやすいのだろう。 ジェイは試合中、間を外すような独特なムーブをするが、私は挑戦者として相手をからかっていたと思っていたがヒールとして相手だけでなく観客にもフラストレーションを溜めるムーブなのかなと解釈した。 ジェイはその独特なムーブでオカダにペースを握らせず、レインメーカー時に座り込んだのもジェイのキャラに合っていて面白い。 また、エルボーの打ち合いからレフェリーの見てないところでローブローも芸が細かい。 ジェイも良かったが最後はオカダが勝利して本当に良かったと思う。 最近のオカダには新日本プロレスを背負ってほしいという期待が私の中で高まっている。 だからこそマジソン・スクエア・ガーデンという大舞台でIWGPヘビー級チャンピオンになって本当に良かったと思う。

棚橋・ケニーからMSGでベビーとヒール

最近、新日本プロレスの流れが本当に早く興味深い。 少し前までは棚橋はG1の記者会見でバックトゥレスリングを目標に掲げ、優勝後はケニーのエクストリームなプロレスに疑問を呈し、ベビー・ヒール論について語った。 その時はケニーにベビーやヒールなんて古臭くて時代遅れなものと言われ、棚橋は言い負かされたように感じた。 1.4ではどちらのプロレスのスタイルが新日本プロレスに相応しいのか舵取りを決める戦いで、最終的には棚橋がケニーに勝利した。 これが約三ヶ月前の出来事である。 ケニーはベビーやヒールを古いタイプのプロレスと言っていたが、ケニーの次のバレットクラブのリーダー(ジェイはリーダーと称してない)がヒールとして急成長中のジェイ・ホワイトがなっているのは面白い。 そんなジェイにベビーのオカダがMSGでIWGPのベルトを賭けて戦ったのが興味深い。 これは棚橋の理想に掲げるレスリングに新日本プロレスが近くなっているのではないか? また、最近ではニュージャパンカップでSANADAの躍進もあり、これからはエクストリームなプロレスをするケニー型のレスラーよりも、もっとレスリングが巧い、棚橋の言葉で言えば品のあるSANADAのようなレスラーが新日本プロレスで活躍していくのではないだろうか。

MSG大会の感想

新日本プロレスROHの合同興行ということもあり、日本とアメリカのスタイルが大体交互に見ることが出来たので飽きはなかった。 また、新日本プロレスワールドで女子プロレスラー岩谷麻優の試合を見れたのは新鮮だった。 ケニーがいればもっと盛り上がったかもしれないが、今後の新日本プロレスのことを考えるとこれでよかったのかもしれない。 仮にケニーがMSGで試合をしても新日本プロレスのシリーズに継続して参戦することはもう無く、ケニーのプロレスはAEWでやっていくことになる。 これからの新日本プロレスのスタイルはジェイやオカダが担っていくだろうから、このIWGPヘビー級選手権は脱ケニー型プロレスの意見表明だったのかもしれない。

ブログランキング参加しています。 よろしければクリックお願いします。
プロレスランキング