Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

読書について ショーペンハウエル感想

はじめに

ショーペンハウエルの読書についてを読んだので簡単に感想を書いていく。

感想

この本が言いたいことは自分の頭で考え、悪書の多読を良しとせず古典のような良書を読むことを推奨していると感じた。
ただ単に本を読むことは他人の考えをトレースしてるだけで自分の血肉にするには本の内容を反芻し、じっくり考えることとしている。
このことに関しては賛同できる。どんな良書でも読んで終わりではなく何が賛同でき、どの部分に賛同できないかを言えないか読んだとはいえないと思う。
また、ショーペンハウエルは自分の頭で考えたことを権威筋が書いた本を読むことによって自分の考えの補強にすると書いていたがこれはあまり賛同できない。
これが出来るのは元々そのジャンルの専門家ぐらいであり、全く未知のことを学ぼうとしている読者には無理だろう。
そもそも新しく学ぼうとしている読者にはそのジャンルの知識が全く無く、たとえ考えを持っていても的はずれなものになっているだろう。
この問題は読者と本のジャンルによって出てくるのであろうから自分が今どの立ち位置にいるかを考慮すべきだろう。
悪書の多読をしないということは現代的に言うと量産型のビジネス書、一時期出ていたピケティやドラッガーなどの解説書、マンガでわかる~~~、政治系のトンデモ本の類だろうか。
たしかにこれらの本を読むぐらいなら解説書ではなくピケティ自身が書いた本、哲学書や古典などを読んだほうがいいだろう。
特に古典は歴史の洗礼を受けており、新刊の殆どは一年後には語られていないものが多く、今もなお読者のいる古典が良いのかもしれない。
しかし、これも本のジャンルによると思う。より新しい内容が載っているものが良いというときもある。これも自身で選定していかなければならないのではないだろうか。

最後に

感想に反論を書いたが瑣末なことであると思う。とにかく重要なことは自分で考え、悪書を読まずに良書を読むことである。
また、ショーペンハウエルはこの本で重要な本は二度読むべきであると記している。より内容を詳しく知るためには一度よりも二度目のほうが理解できるからである。
私も歴史の洗礼を受けたこの古典をまたはじめから読んでいきたい。

アマゾンプライム会員なら下の訳書がキンドル版で無料で読める。 訳も現代風で読みやすい