Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

2.5 2.6 新日本プロレスRoad to THE NEW BEGINNINGの試合感想

はじめに

2.5 2.6 新日本プロレスRoad to THE NEW BEGINNINGの感想を書いていこうと思う。
試合予想の記事は下記に載せる。

slowsvarioustopics1.hatenablog.com

デヴィットフィンレー vs ジェイホワイト

予想ジェイホワイト 勝者ジェイホワイト
ジェイホワイトはパワーの有るケニーオメガを目指してるのではないかと思った。
ジェイホワイトはデヴィットフィンレー戦で場外やコーナーに向かって投技をしており、この前の試合から考えるとよりラフなスタイルに近づいていた。
ジェイホワイトは何をしでかすか分からない怖さを秘めたキャラクターをしているのでこういったラフなスタイルは非常に似合っていると思う。
もっとこのキャラを突き詰めれば面白いレスラーになっていくのではないかと思った。
デヴィットフィンレーはあまりシングルマッチを見たことがなったのだが意外とスピードがあったのが驚いた。
スピードはあるのだがもう少し体を絞ったほうが良いと思う。
2.6でも二人のストーリーはまだ続いてるみたいなので楽しみにしたい。

鈴木みのる真壁刀義

真壁刀義鈴木みのるの持つインターコンチに挑戦するのは面白いと思う。
真壁はリング上というよりはバラエティなどテレビで活躍しており、もうベルトに挑戦はしないと思っていた。 しかし1.28から鈴木に挑戦表明し、またベルト戦線に戻ってきた。
真壁も鈴木も荒々しいタイプで2.6では場外で鉄柵やイスを使った攻撃を繰り広げ、リング内ではエルボー合戦など激しい戦いを見せてくれた。
二人の戦いをもっと見たいのでインターコンチ戦が非常に楽しみである。
また真壁のように少しベルト戦線から離れた選手やユニット内の二番手の選手がベルトに挑戦できるようになればインターコンチが面白くなってくるのではないかと思う。

トーアヘナーレ

ヘナーレは2.5と2.6で石井とバチバチの戦いを繰り広げていた。
ヘナーレは1.4でヤングライオンを卒業したのだがレスラーとしての方向性があまりわからなかった。
しかし、石井との戦いでヘナーレの方向性がわかったような気がする。
おそらく石井と同じようなタイプのレスラーを目指してるんじゃないかと思う。
パワーが有り、相手の技もバチバチに受けるようなレスラーにヘナーレはなって欲しいと思う。

タイチ

タイチはタカタイチマニアで内藤からヘビー級転向を薦められた。
その後ツイッターやバックステージインタビューでヘビー級転向を匂わせるような発言をしている。
現在鈴木軍の日本人ヘビー級は鈴木みのる飯塚高史の二人だけなのでタイチのヘビー級転向は大いにありだと思う。
しかし個人的に残念なのはヘビー級に転向してしまうとヒロムとの絡みが見れなくなってしまうことだ。

ヘビー級転向前にもう一度ヒロムとシングルマッチをしてほしい。

IWGPタッグ選手権試合 EVIL&SANADA vs オカダ・カズチカ後藤洋央紀

予想EVIL&SANADA 勝者EVIL&SANADA
前哨戦でもありタイトルマッチでもあるこの試合はSANADAに注目が集まっていたと思う。
EVIL、オカダ、後藤は安定感のあるレスラーで素晴らしい試合をするのだがSANADAに関しては身体能力はあるが パラダイスロックやサムズアップなど見た目に反した少しコミカルな技や動き、おまけに無口なので何を考えているのかわからないという取っ付きにくいレスラーというイメージが私の中であった。
しかし1.5からマイクアピールを解放し、1.27ではオカダにオカダドルを口に詰め込まれたが1.28ではマイクアピールをしただけで会場がどよめいた。
今年のSANADAは何かやってくれるんじゃないかという期待があったがタッグマッチでも身体能力を発揮してくれた。
動きの早いブランチャーにオカダに対して掟破りのレインメーカーは次のIWGPヘビーのタイトルマッチへの期待を大いに高めてくれた。
EVILは日に日に動きやマイクも良くなり十分トップレスラーの仲間入りだろう。
今回EVIL&SANADA組がシングルチャンピオンのオカダ&後藤組に勝ったおかげでIWGPタッグベルトの価値は大いに高まったと思う。
次回の2.10はシングルマッチだがこれも今回のような良い試合になると思うので非常に楽しみである。

最後に

最近新日本プロレスの動きが面白い。
CHAOSとLIJの抗争はもちろんジェイホワイトとデヴィットフィンレーの関係、タイチのヘビー級転向、真壁のIC挑戦 など様々なストーリーが出てきたと思う。
今回のタッグベルトではシングルの王者とタッグの王者が戦うことで非常に注目度が高まった。
しかもそれがシングルのタイトルマッチの前哨戦でもあるのだから面白い。
次回の2.10はCHAOSとLIJの抗争に一旦区切りがつきそうなのでその後の新日本の動きにも注目していきたい。