Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

TOEICなどのマークシートテストにおすすめなステッドラー シャーペン 1.3mmレビュー

f:id:slowvarioustopics1:20180316031029j:plain

レビュー

ステッドラーのシャーペン1.3mmを購入したのでレビューしたいと思う。
他の記事でも書いたがわたしがペンを購入する際にこだわる部分はグリップ軸が金属製か木軸なことである。
このシャーペンはグリップ軸が金属で重さが18gなのでちょうどよい重さだ。
このペンの良いところはキャップが大きいところである。
f:id:slowvarioustopics1:20180316031020j:plain キャップが大きいので芯が少なくなった時にノックしやすくなっている。
また芯の硬度を変えるとグリップの上の窓の表記が変わり分かりやすい。
f:id:slowvarioustopics1:20180316031024j:plain

なぜ1.3mmなのか?

このペンの良いところを書いてきたがなぜ1.3mmのシャーペンを選んだかと言うと
マークシートを早く塗ることが出来るからである。
一般的な0.5mmのシャーペンでは塗るのに時間がかかり、TOEICなどのテストでは貴重な時間をロスしてしまう。
そこでこの1.3mmが役に立つのだ。

アリストとの比較

f:id:slowvarioustopics1:20180316031032j:plain 同じ1.3mmのアリストのシャーペンもあるのだがこちらは軸が三角になっており、グリップ部分がゴムになっている。
持ちやすさで言えば若干アリストのほうが持ちやすいのだが三角なので癖がある。
一方ステッドラーは普通のペンと同じ丸型なので癖は少ない。
どちらが良いとは断言できないが軸が金属であるステッドラーのほうが長く使えると思う。

最後に

TOEICなどマークシートテストを受ける人はこのシャーペンを使えば時間を短縮できると思う。
ノックもしやすくデザインも金属製なので高級感があって良い。 マークシートテストを受ける人におすすめしたい。