Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス ニュージャパンカップ 二回戦 試合感想

最初に

ニュージャパンカップ2018の二回戦の試合の感想を書いていこうと思う。

ジュースロビンソンVSマイケル・エルガン

試合を見ていてジュースは力があるなと思った。
軽々ではないがマイケル・エルガンパワーボムなど担いで投げることが出来、エルガンとハードヒットな試合ができるなと思った。
一方エルガンは不発に終わったがフェニックスセントーンを見せ、以外に飛び技も出来る選手なのかと感じた。
両選手とも良いところをアピールできた試合だと思った。
ただ最後はスモールパッケージホールドで終わったのは少し以外だと感じたがトーナメント形式なのでこれもありかなと思う。

バッドラック・ファレvs棚橋弘至

リングアウトで勝利した棚橋だが対バッドラック・ファレを考えるとこういう勝ちもありかなと思う。
ファレから3カウントを取るのはなかなか考えにくく場外ハイフライフローも布石になっていたので特に違和感は感じなかった。

矢野通 vs SANADA

ローリングクレイドルや丸め込み合戦、レフェリーのカウントを手で止めるなど面白い試合だった。
矢野通との試合だからこういうことも出来るのだろう。
SANADAは色々引き出しを持っていて面白い選手だと思う。

ザック・セイバー・ジュニアvs飯伏幸太

優勝候補だった飯伏がまさかやられるとは思わなかった。
試合を見ると主導権は全てザックが握っており、一回戦の内藤と同じように何も出来ずに終わってしまった。
ザックは飯伏や内藤の技を的確に関節で返すのを見ると素晴らしいテクニックを持っていると感じる。
それはG1でも発揮していたがニュージャパンカップでより輝きを増しているように見える。
飯伏や内藤を倒してるのだから決勝まで進んでほしい。
飯伏はこの試合では持ち味を発揮できなかったが良かったと思った場面はクロスアームからのカミゴェを狙ったことだ。
カミゴェは不発に終わったが技の流れに説得力を感じたので今後もやってほしいなと思う。

最後に

全体を通して二回戦はあっさり終わったなと感じた。
ジュース、エルガン戦は全体的な試合内容はハードヒットだったのだがスモールパッケージホールドで終わり、
棚橋、ファレ戦はリングアウトで終わった。
両試合は内容面で見ればいつもと変わらないクオリティだったが3カウントで終了していないからだろうか?
満足感が高かったのはザック、飯伏戦でザックはダークホースだと思っていたが今回のニュージャパンカップ
内藤、飯伏を倒しており、一気に格が上がったように思える。
去年のG1からザックは良い選手だと思っていたがここまで駒を進めるとは思っておらずいい意味で期待を裏切ってくれた。
次のザックの試合も楽しみである。