Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス ニュージャパンカップ2018 準決勝試合感想

最初に

ニュージャパンカップ2018準決勝の試合感想を書いていこうと思う。

ジュースロビンソンvs棚橋弘至

今回の試合はベビー同士の戦いなので少しヒールモードの棚橋だったが
それにジュースは対応しきれず試合全般を通して少し攻めきれなかったように感じる。
しかし、終盤で見せた掟破りのハイフライフローはフォームが綺麗で良かった。
一方棚橋は試合のペースを試合しており、ジュースとの格の違いを見せたように思える。
試合会場の様子を見ていて棚橋の帰還を待ち望んでいたように思える。
まだ棚橋のリング上の神通力とでも言うのかそれはまだ健在のようだった。

ザック・セイバー・ジュニア vs SANADA

ザックの試合を見ていると本当に面白いと思う。
ザックとSANADAのグランドの攻防を見ていると詰将棋のような知的遊戯をしているように見えて非常に面白い。
SANADAは内藤、飯伏と違って少しは自分のムーブを出せたがザックの手のひらの上だった。
ザックの関節技は本当にどこからでも極める事ができ、見ていて飽きなかった。
動きの早い試合も良いけどザックのようなグラウンドの攻防も面白く、これからも試合を見続けていきたい選手だと思った。

最後に

次の決勝戦棚橋はザックに対して自分のムーブを出せるかで勝負が決まってくると思う。
ザックに敗れた内藤、飯伏、SANADAは自分のムービを思い通りに出せずザックの関節技で負けていった。
膝と腕に爆弾を抱えている棚橋はザックの関節技にどう立ち向かうだろうか?
そこが攻略のポイントとなっていくと思う。
おそらく今回のSANADA戦で見せた打撃とパワーで関節技を返すことが重要となっていきそうである。
ザックは内藤、飯伏、SANADAを倒したことと試合内容で格が一気に上がり、関節技の恐ろしさを見せつけることが出来たように思える。
ニュージャパンカップを優勝して棚橋はオカダのV11を阻止するのか、それともザックがこのまま勝ち続けるのか本当に楽しみである。