Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス STRONG STYLE EVOLVED 試合予想

最初に

新日本プロレスSTRONG STYLE EVOLVEDの注目している試合を予想をしたいと思う。

第2試合 20分1本勝負 ジュースロビンソン&デヴィッドフィンレーvs外道&後藤洋央紀

おそらくこの試合あたりでジュースが後藤に対して正式なNEVERの挑戦表明を行うと思う。
後藤に挑戦表明を出しているのは岡、タイチ、ジュースの三人なので誰が先に挑戦できるのかが
ここで決まると思うので注目したい。

第4試合 20分1本勝負 タマ・トンガ&タンガロアvsマーティ・スカル&Cody

未だにバレットクラブの分裂騒動は続いているがこの試合でバレットクラブオリジナルとジ・エリート組がぶつかる。
この試合で注目したいのはタマ・トンガの行動である。タマ・トンガがCody達に対し決別するのか?
それともこの試合で仲を深めるのか?である。
今バレットクラブオリジナルは飯伏が加入?しチェーズとタッグを組んだことで注目度が少し上がっている。
ここでバレットクラブオリジナルのメンバーで海外で人気が比較的高いタマ・トンガが立場を表明することで
今後バレットクラブがどうなるか決まっていきそうだ。

第6試合 30分1本勝負  スペシャシングルマッチ 獣神サンダー・ライガーvsウィル・オスプレイ

当初レイ・ミステリオjrとの試合であったがミステリオの怪我により試合が流れ急遽オスプレイとの試合が組まれた。
この試合で注目したいのは今のライガーオスプレイに対してどんな試合作りをするかである。
ライガーの全盛期はとうに過ぎておりオスプレイの動きに真正面から向かっていくのは不可能であると考える。
そこをどう工夫してオスプレイの動きに対処するかレジェンドとしてのライガーの動きに注目したい。

第7試合 30分1本勝負 スペシャルタッグマッチ 石井智宏&オカダカズチカvsザック・セイバー・ジュニア&鈴木みのる オカダカズチカとザック・セイバー・ジュニアのIWGP戦の前哨戦だがオカダはザックと初めて戦うことになると思う。
オカダはこの試合でザックの関節技に対応できるのかでIWGPヘビー戦が面白いものになるか決まっていきそうである。
またオカダはあまり石井智宏とタッグを組んだことがないのでどのようなタッグワークをするか興味深い。
また鈴木みのるも参戦しているのでIWGPヘビーベルトを狙っている鈴木はどんな動きを見せるか注目したい。

第8試合 60分1本勝負 IWGP USヘビー級選手権試合 ジェイ・ホワイトvsハングマンペイジ

予想ジェイ・ホワイト
IWGP USヘビー級選手権試合だがセミで試合が組まれてしまった。
1.4時点ではケニーとジェリコの戦いでベルトの価値が高まったのだがケニーが落としてしまったので価値が下がってしまったように感じる。
しかし、若いジェイ・ホワイトがベルトと共に成長すれば価値はまた高まっていくと思う。
そのための相手としてハングマンペイジは理想的な相手だと思う。
ハングマンペイジは身体能力が高く年齢が若い。
二人が良い試合をすればまたベルトの価値が高まっていくだろう。

第9試合 30分1本勝負 スペシャルタッグマッチ ゴールデン☆ラヴァーズvsヤングバックス

予想ゴールデン☆ラヴァーズ
どこまでストーリーに組み込まれるかわからないがBeing The Eliteの動画でケニーのビデオメッセージがCodyの手によって編集され
ヤングバックスを挑発する内容に編集されていた。

これがどこまで今回の試合に影響するか分からないが頭の片隅には置いておきたい。
この試合で注目したいのはゴールデン☆ラヴァーズがタッグワークを上手く行えるかどうかである。
この前のROH興行では少しぎこちない部分がありヤングバックス相手にうまく立ち回れるか不安点がある。
もしこの試合で素晴らしいチームワークを発揮すれば今後IWGPタッグベルトを狙っていけるのではないだろうかと思う。

最後に

この興行で何かしらバレットクラブの問題が進展することを期待したい。
この興行で一番注目しているのはタマ・トンガである。
タマ・トンガは少し影が薄い部分がありこの興行で何かしら動きを見せれば注目される。
タマ・トンガはこのチャンスをぜひ活用してほしい。