Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 4.1 サクラジェネシス2018 試合予想

第1試合 20分1本勝負 チェーズ・オーエンズ&高橋裕二郎vsヤングバックス

先日のアメリカ興行でメインを務めたヤングバックスが第一試合に組まれるのは新日本プロレスの 層が厚いということだろうか?
バレットクラブ同士の戦いとなったこのカードはミラノが注目するチェーズ・オーエンズが出場する。
ミラノも言っていたがチェーズならこのバレットクラブの問題を解決してくれそうな感じをするのは
チェーズが器用なタイプのレスラーだろうか?
この試合で高橋裕二郎とチェーズ・オーエンズがどのような立場に立っているか分かるのかもしれない。

第6試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合 3WAYマッチ

予想鈴木軍
この試合は鈴木軍が勝利すると思う。
ロッポンギ3kはおそらく万全な状態でこの試合に臨むと思われるが
ベルトを取るのは考えにくい。
今までの試合内容が腰の負傷であまり良いとは言えずここでベルトを取っても反感が出てきそうである。
おそらく鈴木軍かロスインゴの二人がベルトを取ってリマッチになるのではないかと思う。

第7試合 60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 ウィル・オスプレイvsマーティ・スカル

予想ウィル・オスプレイ
ウィル・オスプレイはマーティ・スカルと相性が悪いのかシングルではほとんど負けている。
ここでオスプレイはジンクスを打ち破るのではないかとおもう。
オスプレイはアメリカ興行でミステリオと戦いたいと言っていたのでベルトを保持してほしい。

第8試合 30分1本勝負 スペシャルタッグマッチ ゴールデン☆ラヴァーズvsハングマンペイジ&Cody

ゴールデン☆ラヴァーズとの戦いになったCodyだがこの試合後も少しバレットクラブ関連の動きがあると思う。
バレットクラブ関連の問題は少しづつしか問題が展開せず新日のリングでこれが解決するのかそれともROHで解決するのかわからない。
とにかくケニーやCodyの一挙手一投足に注目するしか無いのかもしれない。

第9試合 60分1本勝負 IWGPヘビー級選手権試合 オカダカズチカvsザック・セイバー・ジュニア

予想オカダカズチカ
オカダカズチカは棚橋の防衛記録と同じ11回目の防衛戦を行う。
おそらくオカダはこの試合でザック・セイバー・ジュニアに勝利すると思う。
ザックはニュージャパンカップで内藤、飯伏、SANADA、棚橋を打ち破ったが
ザックが勝利してベルトを手に入れる姿が思いつかない。
この試合で棚橋の防衛記録と並ぶのではないかと思う。
この試合で注目したいのはオカダはザックの関節技にどれくらい対応できるかである。
前哨戦ではあまり対応できたとは言えず逆にレインメーカー対策をザックに見せつけられた形となった。
オカダがどうやってザックを倒すか楽しみにしたい。