Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

ピュアモルトプレミアム4&1とジェットストリーム4&1をニコイチにした

f:id:slowvarioustopics1:20180512083018j:plain

最初に

ピュアモルトジェットストリームをニコイチにしたので記事を書いていこうと思う。

何故ニコイチにするのか?

この記事を見て何故ニコイチにする必要があるのかと言うとピュアモルトが木軸の先以外
ラバー塗装になっており、触っていてベタつきが気になる。
f:id:slowvarioustopics1:20180512083004j:plain また、ラバー塗装は経年劣化で加水分解が起こる可能性があるので長い期間の使用には向いていない。
この部分が気に入らずピュアモルトの記事でもラバー塗装をデメリットとして書いていた。
何とかして解決できないか考えていた時にジェットストリームとニコイチにすれば解決するのではないかと考えた。

実際に入れ替えてみた

結果から言えば大成功だった。
f:id:slowvarioustopics1:20180512083018j:plain ジェットストリームの黒はサラサラした塗装で加水分解が起こる可能性は殆ど無い。
また、ピュアモルトの木軸の先の黒と同じ塗装なので一体感がある。
さらにジェットストリームのクリップ部分は金属製なので耐久力も上がっている。
f:id:slowvarioustopics1:20180512083031j:plain これで私が感じていた不満点は解決された。

最後に

何とかこれで私が感じていたピュアモルトのラバー塗装の不満点が解決された。
ピュアモルトだけでなく様々なメーカーが高級感を出すためにラバー塗装をしている。
確かにラバー塗装をすれば見た目は高級感が増すかもしれないが長期の使用で加水分解が起こる可能性がある。
また、手触りがベタベタしていて個人的には好みではない。
安い製品であれば高級感を出すためにラバー塗装をするのは致し方ないのかもしれないが一万円を超えるマウスなどにも
使われている。
高級ラインの製品はコストの問題もあるのかもしれないがラバー塗装ではなく金属や滑り止め加工されたプラスチックを使用してほしい。