Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 6.4 ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25 試合感想

最初に

6.4 ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア25の感想を最近忙しいので簡単に書いていこうと思う。

高橋ヒロム vs 石森太二

勝者高橋ヒロム
今年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝は石森太二だと思っていたが
高橋ヒロムが優勝するとは思っていなかった。
LINEの優勝予想はただの人気投票になってしまっていたのであまり機能していなかったし、
他のブログでは石森太二優勝が多かったように思える。
石森太二が優勝してウィル・オスプレイに挑戦するものだと思っていたのでこの結果には驚いた。
試合内容は両者の動きの速さが凄まじくヘビーよりも面白い試合をしていたように思える。
石森はマイク以外はクオリティが高く一つ一つの動きが素晴らしい。
ヒロムもこのシリーズで使い始めたDやDの悪夢など新しい技に挑戦している。
このジュニアの象徴であるライガーのいないベスト・オブ・ザ・スーパージュニアを見終わって思ったことは
高橋ヒロムは名実ともにジュニアの主役になったんだなと感じた。

最後に

今回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアは非常にクオリティの高いものになっていて非常に面白かった。
もし忙しさが一段落ついたらベスト・オブ・ザ・スーパージュニア全体の感想も書いていこうかなと思う。