Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 6.9 ドミニオン 大阪城ホール 試合予想

最初に

新日本プロレス 6.9 ドミニオン 大阪城ホールの試合予想を書いていこうと思う。

第1試合 60分1本勝負 IWGPジュニアタッグ選手権試合

予想鈴木軍
今回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで一気に価値を上げたSHOと
まだ評価が難しいYOHだが勝利するのは鈴木軍と考える。
SHOはBOSJで自分のスタイルを確立したのかBOSJ前と後では戦い方を総合格闘家風味に変えてきたように思える。
YOHのスタイルは評価が難しく未だに私のなかではどういう選手か言語化出来ないがそれでもBOSJを経験したおかげで
良くなったように思える。
それでも勝利するのが鈴木軍の二人という理由はシングルとタッグでは戦い方が違うからだ。
ロッポンギ3kの二人は今回のBOSJで良くなってきてはいるがそれはシングルの話だ。
タッグではまだ鈴木軍の二人にはまだ敵わないだろう。
またここですぐにベルトを再帝冠するのは早すぎるように感じる。
よって鈴木軍の二人が防衛するだろう。

第4試合 60分1本勝負 NEVER無差別級選手権試合3WAYマッチ

予想タイチ
ネバーの3wayはタイチが勝利すると予想する。
ここでポイントとなるのは3wayという試合形式だろう。
タイチは漁夫の利を狙って勝利するに違いない。
試合が混戦となれば混戦となるほどタイチの小ずるさが出るんじゃないかと予想する。
タイチがどのような試合運びをするのか今からとても楽しみだ。

第5試合 60分1本勝負 IWGPタッグ選手権試合

予想ヤングバックス
この試合で勝利するのはヤングバックスだと予想する。
前哨戦もなく予想しにくいがヤングバックスはヘビー級に転向したばかりなので
ここでベルトを巻いてゴールデン☆ラヴァーズと防衛戦をするのではないかと思う。

第7試合 60分1本勝負 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 

予想高橋ヒロム
高橋ヒロムは今年に入ってオスプレイと三回目の試合になりここで三連敗するとは考えにくい。
また個人的にはここでベルトを取って正真正銘のジュニアの主役になってほしいと思う。
しかし、オスプレイが防衛してミステリオが挑戦表明したら面白いなと思ってしまうのは欲張り過ぎか?
クリス・ジェリコがこうして何回も参戦しているのを考えると期待してしまう。

第8試合 60分1本勝負 ダブルメインイベントⅠ IWGPインターコンチネンタル選手権試合

予想内藤哲也
クリス・ジェリコが忙しいのでベルトを取るとは考えにくく内藤哲也が防衛すると予想した。
こうして予想しているが実は試合の勝利よりも試合内容のほうが気になってしょうがない。
1.4のケニーオメガ戦ではクリス・ジェリコは素晴らしい試合をしたが内藤と噛み合うのか不安になる。
この前の鈴木戦ではお互い試合が噛み合っていなかったのでクリス・ジェリコ戦がどうなってしまうか
気になるのは当然だろう。

第9試合 時間無制限3本勝負 ダブルメインイベントⅡ IWGPヘビー級選手権試合

予想ケニーオメガ
時間無制限三本勝負という特殊な試合形式になっているがケニーオメガが勝利すると予想する。
オカダは12回防衛という新記録を作ったばかりでこれ以上防衛してもしょうがない。
またそろそろケニーにベルトを任せても良いように思える。
試合内容で気になるのは介入があるかどうかだ。
この興行ではコーディとヤングバックスが参加している。
また、飯伏幸太もセコンドで参加するらしいので何らかの動きを起こすかもしれない。
この試合の結果でケニーがゴールデン☆ラヴァーズだけでなくシングルプレイヤーでも
これから戦っていくのか決まっていくだろう。