Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

7.15 G1クライマックス28 試合感想

最初に

ここのところ忙しいので簡単な感想記事にする。

石井智宏vs矢野通

矢野は日大レスリング部出身というバックボーンを使って反則をなるべく使わないスタイルは新鮮で面白い。 今までのスタイルが振りになっていて単純なエルボーで観客を沸かせる姿に笑ってしまった。 最後の石井の急所攻撃からのラ・マヒストラルで負けてしまったのもオチがしっかり決まってよかった。

ジュース・ロビンソンvsタマ・トンガ

タマ・トンガとジュースの試合だが思ったよりは噛み合っていなかったように感じる。 やはりジュースが怪我をしていたからというのもあるのだろう。 ファレと同じくタンガ・ロアの介入があった。 バレットクラブオリジナルは一昔前のバレットクラブに戻ろうとしているようだ。

後藤洋央紀vsSANADA

どちらも面白い試合をするタイプでそんな2人が戦うんだからつまらないわけがない。 SANADAはよく掟破りで相手の技を使うイメージがあるのだが実際はどうなのだろうか?

飯伏幸太vsザック・セイバー・ジュニア

飯伏のカミゴェの動作よりも素早く蹴りで封じるザックに驚いた。 いつも思うのだがザックの動作一つ一つが美しいと思える。 こういう選手が自分は好きなんだろう。

ケニーオメガvs内藤哲也

新日本プロレスのトップ同士の戦いで攻防の読み合い、自分のしたいことのゴリ押しで いかに試合の流れを自分に持っていくかが鍵となっていたように思える。 さすがトップ同士の戦いでこの試合だけ他の試合のクオリティより一段高かったように思える。 試合後のマイクで内藤を煽っていたが今後どうなるか楽しみだ。

プロレスランキング