Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

7.16 G1クライマックス28 試合感想

マイケル・エルガンvsハングマンペイジ

第一試合から素晴らしい試合。 ハングマンペイジもいいがマイケル・エルガンが試合をすると結構盛り上がる印象がある。 怒涛の連続の投げ技は見ていて驚いた。 アメリカでの評価は色々あったので不評だがこのG1で評価を上げてほしいと思う、

YOSHI-HASHI vs EVIL

判官贔屓なのかついついヨシハシを応援してしまう。 パワーボムの失敗もスワントーンボムの華麗さの無さもそれが弱者としての魅力になっているような気がする。 あくまで気がするだけなのだが・・・ それでも真壁戦でも気になったがパワーボムぐらいは出来るようになってほしい。

真壁刀義vs鈴木みのる

鈴木みのる真壁刀義のシングルはインターコンチ以来になる。 エルボー合戦、椅子チャンバラ、場外乱戦などハードな試合になった。 序盤は劣勢だった真壁だがスパイダージャーマンからのキングコングニードロップで勝利した。 派手な技が多く出る試合もいいがこういう気持ちをぶつけ合う試合も面白いと思う。

オカダ・カズチカvsバッドラック・ファレ

オカダはこの前から衣装や入場曲を変えて新しいスタイルを模索しているのか 今回の試合でトペコンヒーロを披露した。 ベルトの無いオカダは新鮮なのでここで何か掴んでほしい。 試合中に乱入したタマ・トンガのガンスタンはカメラもほとんど追いついておらず何が起こったか分からなかったz。 急な乱入など対応は難しいだろうがカメラワークの改善をしてほしい。

棚橋弘至vsジェイ・ホワイト

7.14のオカダ戦よりもこの棚橋との戦いのほうがジェイ・ホワイトは良かったと思う。 やはりベビーとヒールの戦いは面白い。 カウパレスでブーイングを買っていたが日本でもブーイングをもらうことになってキャラクターが固まってきたように思える。 今年のG1はジェイ・ホワイトが台風の目になるのかもしれない。


プロレスランキング