Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

7.27 G1クライマックス28 試合感想

最初に

今回も忙しいのと試合数が多いので縮小更新。

マイケル・エルガンvs鈴木みのる

マイケル・エルガンはパワーだけじゃなくて咄嗟に出る丸め込みなどテクニックもあるから面白い。 まるで大きくなった石井みたいだ。 そんなエルガン相手だから鈴木との勝負は面白かったのかなと思う。

ハングマンペイジ vs EVIL

ハングマンペイジはG1でどんどん成長していってるんじゃないかと思う。 将来的には外国人エースの一人になるかWWEに行くだろう。

ジェイ・ホワイトvsバットラックファレ

この試合は色んな意味でも気になっていた。 ジェイ・ホワイトは現在のCHAOSに不満を持っており、ファレも現在のバレットクラブに不満を持っている。 もしかしたらジェイ・ホワイトはバレットクラブOGに合流するかなと思ったがそんなことはなかった。 ジェイ・ホワイトもバレットクラブOGもこれからどうなるのだろうか?

棚橋弘至vs真壁刀義

オーソドックスな試合だったが面白いものになっていた。 スピーディーでハラハラするような試合も面白いが個人的にはこちらのプロレスのほうが自分は好きなのかもしれない。

YOSHI-HASHI vs オカダカズチカ

ある意味G1で一番注目されているカードだと思う。 ヨシハシはG1出場を疑問視されてツイッター、ブログ等で炎上していたのも記憶に新しい。 そんなヨシハシがオカダとの二回目のシングルでどんな試合をするか楽しみにしていた。 そんなヨシハシは入場時に緊張しているのが気になった。 試合はオカダの久しぶりのレインメーカー初期型披露やヨシハシのキンコジが出なかったのが気になった。 キンコジがどういう技なのか詳細が分からないのだがカルマの代わりに使用すればよかったのではないかと思う。 また試合後のオカダのマイクでつまらない試合発言はどういう意図なのかも気になる。 ヨシハシに対してもっと頑張れるでしょという意味なのだろうか?

最後に

ヨシハシがメインの試合に出ていたということもあってブログなどでは色々な意見が出てくるだろう。 そもそもヨシハシがメインの試合に出ていなくても悪い意味で注目されるので取り上げる機会が多くなるのかもしれない。 ぶっちゃけて言うとヨシハシはPVやコメント稼ぎに丁度いいのだろう。 最近というかここ少し前からのヨシハシ叩きの流れはこういう一因もあるのかなと思う。 もちろんヨシハシの試合のクオリティの低さが一番の原因なのだが・・・ 今回のオカダ戦は普通に良かったと思うのだがこれ以降の試合はどうなるのか楽しみにしたい。


プロレスランキング