Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

9.23 新日本プロレス DESTRUCTION in KOBE 試合感想

最初に

簡単に9.23のメインの試合の感想を簡単に書いていこうと思う。

棚橋弘至vsオカダカズチカ

この試合はオカダがヒールとして試合をリードしていたように感じる。
オカダは棚橋の膝を足4の字固めで苦しめ、コーナーポストで危険技を狙おうとし、試合を大いに盛り上げてくれたように思える。
棚橋も今できる動きで試合をし、追走式というべきなのか新しいハイフライフローを見せてくれた。
試合はこの二人なので鉄板で面白かったが色々とアクシデントがあり、余韻に浸れなかった。
一つはテロップのアクシデントである。 試合開始数分後になぜか棚橋防衛のテロップが出てしまい、せっかくの棚橋の勝利を残念なものにしてしまった。
おそらくアクシデントがあった時のためにオカダの挑戦権利証奪取のテロップも用意されていたと思うが、プロレスは他のスポーツと違って勝敗の部分にもっともセンシティブにならなければならないことなのでこのテロップの誤爆は残念だった。
二つ目はヨシハシの流血である。
これはもう完全なアクシデントでどうしようもないが、これほどまでに持ってないと運命というか神様っていないのだなと思ってしまったほどだ。
せっかく棚橋から求愛され、オカダとの不仲を演出し、ユニット再編か?という節目にこのアクシデントは非常に痛い。
その後ヨシハシは救急車で搬送されたらしいので早急な回復を願う。
このアクシデントで目を見張ったのはジェイの行動だ。
ジェイは流血したヨシハシに向かって椅子を投げリング外に放り出した後、ヨシハシの怪我の具合を確認してヨシハシの血を自分の顔に塗るというアドリブで自身のキャラクター性を強調した点はさすがだと言うべきだ。
その後外道がオカダを裏切ったがアドリブ説と既定路線説の2つがあるがG1でオカダとのコンビは解消したのでジェイ・ホワイト側に付くのは既定路線なのではないかと思う。

最後に

ヨシハシは今回のアクシデントが無ければオカダ側についたのか?それとも裏切ってジェイ側についたのか?今となっては分からないが今後ヨシハシはどうなってしまうのだろう?
会社としても今回の救出劇でヨシハシを盛り上げようと企画していたに違いないが、またチャンスを掴むことはあるのだろうか?

プロレスランキング