Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 10.8 九州三国志 presents KING OF PRO-WRESTLING 感想

最初に

新日本プロレス 10.8 九州三国志 presents KING OF PRO-WRESTLINGの感想を書いていこうと思う。

新パレハは鷹木信悟

多くの人が色々な新パレハを予想しており、中には貴乃花高橋由伸なんて声もあったが多くの人の本命通り鷹木信悟が新パレハとなった。 ここで一つの疑問が生まれるがそれは鷹木の階級だ。 鷹木は今年の全日のチャンピオンカーニバルに出場しており、ヘビー級やスーパーヘビー級相手に戦っている。 中でも当時三冠王者の宮原相手に勝利しているのでヘビー級として戦ってもおかしくないのだが、今年のジュニアタッグリーグはBUSHIと出場することがバックステージコメントで分かった。 しかし、今年のジュニアタッグリーグの出場メンバーを見ると鷹木と匹敵しそうなjrの4強がKUSHIDAしか出場しておらず、個人的にはジュニアタッグリーグが終わったらヘビー級で戦ってほしい。

クリス・ジェリコノーコンテスト

個人的にはこのスペシャシングルマッチを楽しみにしてたのだが、クリス・ジェリコの襲撃でノーコンテストになってしまった。

KUSHIDA vs マーティ・スカル

クリス・ジェリコの乱入でノーコンテストになったあとの試合という難しい状況だったが二人はとても面白い試合をしてくれた。 この試合の感想は一言で言うと上手い。 手の取り方や足の取り方一つでも主導権を握ったかと思えば、相手に主導権を握られるハイレベルな駆け引きが見ていて面白い。 雪崩式ブレーンバスターからの反撃の丸め込み、クロスフェースチキンウィングアームロックの攻防など本当に見ていて飽きない。 最後はKUSHIDAのバック・トゥ・ザ・フューチャー二連発で勝利し、IWGPjrのベルトを戴冠した。 マーティ・スカルの政権も見てみたかったがKUSHIDAの試合はハズレがないのでベルトを戴冠して良かったと思う。 個人的にはこの試合は試合時間もちょうど良くこの興行で一番のベストバウトだった。

棚橋弘至vsジェイ・ホワイト

1.4の頃から比べてジェイ・ホワイトは本当に成長したなと思う。 私はツイッターでこの試合はある意味ケニーとの前哨戦になると考えていた。 それは札幌でのケニーとジェイ・ホワイトのシングルでケニーのVトリガーを受けたときにジェイ・ホワイトが笑みをこぼしたのを見てケニーがジェイの良い部分を引き出したと思っている。 一方棚橋はジェイ・ホワイトとのシングルでコンディションも悪かったこともあり、今思えばあまりいい試合ではなかったように感じる。 この試合で棚橋がジェイ・ホワイトの新しい面を引き出せるかに注目した。 試合が始まるとジェイはいきなり場外へエスケープしてしまう。 もうこの時点でジェイ・ホワイトはヒールとして成長したなと感じてしまう。 その後ジェイは棚橋の膝を攻め、エアギターのマネをしたり、棚橋の頭を叩いたり、若いながらもヒールとして堂々とした立ち振舞をしている。 またセコンドの外道の反則もいいアクセントになっており、ジェイ・ホワイトのスタイルに完成度が増しているような気がする。 一方棚橋は二回目のハイフライフローの時に少しよろけていたのでコンディションが良くないのかなと思った。 しかし、最後に丸め込みで勝利した老獪さといい、そのコンディションの悪さも含めて強さを感じさせる。 今回の試合で棚橋はジェイ・ホワイトの新しい部分を引き出せたかということだが、ジェイ・ホワイトの新しい部分というよりも棚橋がジェイの今あるスタイルをより補強したと感じた。 ケニーと戦ったときはまだ成長途中だったので今回の棚橋の試合でジェイ・ホワイトのスタイルを棚橋が完成させたのかなと思う。

最後に

今回の興行は色々なことが起こった。 オスプレイのネバー挑戦といい鷹木信悟の加入、クリス・ジェリコ乱入、ジェイ・ホワイト&邪道、外道のバレットクラブOGの加入など色々ファンの予測を超えたものになった。 ケニーと棚橋のイデオロギー闘争で盛り上がっているのでベルト移動や権利証剥奪はほぼ起きないと思っていたのでそれ以外の部分での驚きがあると面白い。 今回のメインイベントの感想だが色々思うことがあるので別記事で書けたら書こうと思う。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。

プロレスランキング