Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

DDT両国 感想

最初に

AbemaTVでDDTの両国大会が無料で放送されていたのでDDTについてあまり詳しくないが簡単な感想を書いていこうと思う。

アンドレ・ザ・ジャイアントパンダvsスーパー・ササダンゴ・マシン

スーパー・ササダンゴ・マシンとアンドレ・ザ・ジャイアントパンダの戦いは試合前の煽りパワポ通り文化祭的な試合になっていた。 試合中盤頃に現れるジャイアント・ササダンゴマシンとアンドレ・ザ・ジャイアントパンダの戦いはアベマの視聴者にも受けており、誰でも楽しめる初心者向けの試合だったのではないだろうか? 意外とこういう誰でも楽しめる試合からプロレスにハマる人が出てくるのでバカには出来ない。

竹下幸之介vs CIMA

ドラゴンゲートの分裂からなのかCIMAが上海を中心に拠点を置き、W-1やDDTにストロングハーツを率いて参戦するようになった。 この試合はレジェンドであるCIMAに竹下がどれだけ食らいつけるかが焦点となったと思う。 試合の感想としては全体的にCIMAが主導権を握っていたように思える。 CIMAは試合中反則も交えた厳しい膝攻めでヒールとして竹下を苦しめDDTのファンを煽る。 また、場外カウントを狙ったり、序盤にコーナーパッドを緩めたものを中盤頃に使うのも老獪さを感じる。 試合後のマイクも上手く、竹下はなんとかCIMAに食らいついていったが経験値の差なのか完敗だったように感じた。

男色ディーノvs佐々木大輔

佐々木大輔DDTの象徴としての男色ディーノを破壊することをテーマにした試合だった。 入場はトリプルHとアンダーテイカーのパロディになっており登場した棺桶が後々伏線になっており、そこは面白いものになっていた。 この試合で一番注目されたのは男色ディーノがほぼ全裸になってプロレスをしたことだろう。 好き嫌いは別にして男色ディーノの試合のスタイルの究極系になっており、これ以上は本当に全裸になって戦うしか無く放送できないものになってしまう。 これは男色ディーノというキャラクターを全て出し切った形になる。 全てを出し切ったディーノが佐々木大輔に葬られ、棺桶に入れられたということはアンダーテイカーのようにキャラチェンジするのだろうか? 試合が終わったあとの雰囲気は石川の歌でバッドエンドでもハッピーエンドでもない微妙なものになっていた。 ちなみにアベマの再放送では編集されており、生放送で見えていたものが見えなくなっている。

最後に

DDTサイバーエージェントに買収されて団体としての規模は国内二位と言っても差し支えないものになっている。 団体が大きくなる中でDDTらしさというのものをファンが求めているように門外漢の私でも感じる。 しかし、今回の両国の放送やAbemaTVのマジ卍、YouTubeで公式に上げられている試合を見るともっと大事なものが抜けているように感じる。 それはレスラーの動きや技の精度などの基礎的なものだと思う。 特にそれを感じるのは若手で身体能力や体つき、バックボーンは素晴らしいものを持っているが動きを見ているともたつきや粗さを感じてしまう。 とりわけ他団体の選手との試合ではそれは顕著に感じる。 私はDDTという団体をずっと追っているわけではないので間違っているかもしれないが団体としてのイメージは話題先行型だと思っている。 路上プロレスやタレントの参戦、濃いキャラをしたレスラー達、工夫をこらした試合など他団体には真似が難しく話題を呼びやすい。 そんなDDTがAbemaTVとタッグを組んで放送することはこれ以上無い追い風になっており、プロレス自体を知ってもらう良い機会になっている。 しかし、AbemaTVという影響力の高いメディアで視聴者層に受けやすい試合をしているのに肝心の基礎の部分がおざなりになっていると感じる。 基礎の部分の補強をすればDDTはより強力な団体になるのにもったいないと感じてしまった。