Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

女ことばと日本語 中村桃子 感想 

女ことばと日本語 (岩波新書)

女ことばと日本語 (岩波新書)

最初に

「なぜ日本語には女ことばがあるのか」 本書の目的はそれを明らかにすることであり、そんな女ことばを鎌倉時代から第二次世界大戦後の様々な文献からどのように存在したのか、時代ごとの変遷、規範、政治背景やイデオロギーの形成などを解き明かしている。 本書で面白いのは文献から女ことばの歴史を解き明かしていく中で、本書の目的である「なぜ日本語には女ことばがあるのか」の意味が読む前と読んだ後で違って見えてくることであろう。

女性が話すためのマナーの歴史

女ことばには女はこのように話すべきだという規範があり、現代でも多くのマナー本が出版されている。 そんなマナー本だが鎌倉時代まで辿ることができるという。 それは女訓書といい、儒教思想に基づいた女性としての振る舞いや人付き合いについて書かれているという。 江戸時代に入ると儒教思想封建制度が融合したため、夫やその両親に付き従う妻や嫁としての役割が強調されたという。 江戸時代の女訓書には言葉遣いの規範があり、それは女性を支配するために重要な要素だと認識されていた。 また、女訓所に書かれている規範は女性の言葉遣いというよりも「女は話すな」というものだった。 その後、印刷技術の発達により、広範囲に女訓書が普及し、教訓は優しい言葉に書き換えられ、より具体的なものになったという。 その過程で女性を支配する思想からつつしみのある女性はしゃべらないという風に内容が変化していく。 著者はこの変化が重要だとし、女は話すなという思想が見えにくくなり、話さないことがつつしみという美点につながるからであるという。 明治時代では女訓書の内容はあまり変化しないが江戸時代の女訓書とは2つの違いあるという。 それは嫁・妻の規範から天皇の臣民としての女性国民としての規範と女は話すなから言うべきときは言えという規範になったことだ。

てよだわ言葉から女学生ことばへ

現在でもアニメや映画などのフィクションで使われているてよだわ言葉は明治時代の女子学生が使いだしたという。 しかし、女子学生が全員てよだわ言葉を使っていたわけではない。 そんなてよだわ言葉が女子学生のシンボルとして定着したのは小説のおかげだという。 今では女らしさを表すてよだわ言葉だが当時では軽薄な言葉遣いと考えられていたという。 その後、女学生がメディアなどで性の対象として見られることでてよだわ言葉がセクシャリティと結びつき、ジェンダー化された女学生ことばに変化してしまう。 セクシャリティと結びついた女学生ことばは小説や日常で使われていることになるが、一方で国語からは正当性のある言葉ではないとして排除されてきたという。

女ことばの伝統化

ここからが本書の面白いところであるのだが女ことばは国語から正当性のない言葉として扱われてきたが第二次世界大戦中には天皇制国家の伝統ある言葉として扱われることになる。 それは女ことばは他言語にはない特徴とすれば、日本語の優秀さを示すものと出来、国内の国語としての価値を高めるだけではなく、植民地での日本語教育や日本の植民地支配を正当化させるものだからと著者は言う。 戦後になると男女平等政策が推進され、天皇制などが否定されるが女ことばは自然な女らしさの発露として再定義する言説が普及し、日本語の伝統を象徴することが期待されるようになったという。

終わりに

女ことばの歴史を辿っていくなかで、女ことばが政治状況などに支配され、最終的に伝統性のある言葉として作られ、日本語の歴史にもつながってくるのが非常に興味深い。 特に明治時代から戦中、戦後までの女ことばの歴史の流れは非常に読み応えがある。 「てよ」や「だわ」などの女ことばは現代ではほとんど使われていないがフィクションや翻訳の中では使われ続けている。また、女性の話し方のマナーについての言説は現代でもまだ言われ続けている。女ことばの歴史はこれからも続いていくのだろうか。