Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

新日本プロレス 4・6 G1 SUPERCARD マディソン・スクエア・ガーデン 試合感想3

最初に

前回の記事はこちら

slowsvarioustopics1.hatenablog.com

第7試合 ブリティッシュヘビー級選手権試合

MSGでこの組み合わせのカードが見られるのは不思議な気分。 少し前の新日本プロレスアメリカ興行だとこういうサブミッション中心の試合はます組まれなかったんじゃないかと思う。(組まれてたらすいません) 棚橋は試合中逆上がり時かその前のサブミッションで腕を痛めたようだ。 試合はザックの勝利で終わったが日本でやってもおかしくないような試合だった。

第8試合 IWGPインターコンチネンタル選手権試合

MSG大会では唯一日本人同士の試合。 内藤は試合のペースを握り続けた。飯伏は一発の技は大きいがなかなかペースを握れない。 内藤は人でなしドライバーを狙おうとしたが、おそらく膝の踏ん張りが効かないので崩れた形になった。これは過去の鈴木みのる戦で掟破りのゴッチ式パイルドライバーをしたが踏ん張りが効かなかったのかパワーボムのような形になったのと同じなのだろうか? 内藤はMSG大会の前にCMLLコスタリカで試合をしているので、それがコンディションにも影響していそうだが・・・ その後飯伏はボマイェ、シットダウン式ラストライドからのカミゴェで勝利した。 飯伏はこれからインターコンチのベルトをどのような色に染めていくのだろうか?

最後に

次の感想は後日書きます。

ブログランキング参加しています。 よろしければクリックお願いいたします。
プロレスランキング