Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

G1 CLIMAX 29 優勝決定戦 感想

最初に

久しぶりにプロレスの試合の感想を書いていこうと思う。 忙しくてあまりまとまってないが、この試合の感想を感情移入をキーワードに書いていこうと思う。

感想

去年は棚橋と飯伏の試合だったが、今考えれば棚橋とケニーのイデオロギー闘争や外様・生え抜きの対立を感じさせ、どこか息が詰まるような試合だった。 しかし、今年は飯伏とジェイのいわゆるベビーとヒールの戦いで応援やブーイングを飛ばしやすい誰でも楽しめるプロレスだったように感じる。 この試合で印象に残ったのは飯伏のムーンサルトに入る前の間だ。 飯伏のプロレスはアスリート的で非常に面白いが飯伏自身のキャラクター性も相まって感情移入という点ではそれは難しかった。 しかし、あの間を通して飯伏の痛みが伝わってきて、グッと飯伏に感情移入し、飯伏を応援したいと思った。 一方でジェイはいい意味で感情移入できない 入場時はKENTA達を引き連れ、試合中はあえてリングから出てみたり、倒れ込んで技を受けなかったり、セコンドの外道を使い、マイクはあえて英語で話すので日本人には聞き取りにくいなどプロレスは面白いけれども感情移入という点では感情移入しにくい。 この感情移入できないという部分がもしかしたらヒールに大事なことかもしれない。 感情移入とは選手に自己を投影し同一化することである。 それならばベビーは自己であり、ヒールは他者なのだろう。 ベビーフェイスといえば棚橋だが、以前棚橋の試合で印象に残っているのがある。 それは関節技で苦しんでいる姿を見て泣いている女性ファンの姿だ。 これも棚橋の痛みを通して感情移入し、自己と同一化した結果だろう。 今回の飯伏のムーンサルト前の間も観客はあぁと祈りにも似たため息をついたが、これも飯伏と自己を同一化した結果なのかもしれない。 一方でジェイはヒールであり、他者であるから自己との同一化は不要である。 だからこそヒールとして観客と同化させる動きを見せないのだろう。

終わりに

今回のG1は毎年面白いが今年のG1はモクスリー、KENTAなど新しく新日に参戦した選手やランスやタイチなど新しい面が見えた選手がいて新鮮だった。 ファレが矢野みたいに便利屋扱いなのが少し不満だったが・・・ また、今回の優勝決定戦を見て、ベビーやヒールという概念は古いと言ったケニーが今のジェイ・ホワイトと試合をしたらどういう試合になるのだろうか、ケニーはどう感じるのか知りたかった気もする。 そして今回優勝した飯伏がどのようにプロレスを盛り上げていくのか楽しみだ。