Slowの色々

日常で気づいたことや新日本プロレスについて書いていきます。いつもお昼の12時頃に記事を投稿しています。

社会学入門 〈多元化する時代〉をどう捉えるか 感想

本書は社会学入門というより社会学とはどういう学問なのか入門といった感じの本である。 著者は社会学について基本理論がないとしつつも、他の学問との比較や社会学の成立の歴史などから社会学とはどういう学問なのか、社会学には共通する理論が成立しうるのか、これからの社会学はどうすればいいかを明らかにしようとしている。 内容としては学部生が最初に読むには難しいと思うので、ある程度教養を身につけた時点で読むとよいかもしれない。 また、本書は読書案内が豊富で紹介されている本は社会学の本はもちろん、他の分野の本も多く紹介されている。 本書を最後まで読むと分かるが著者の社会学に対する答えについて読者はある意味驚くのではないだろうか。